読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競艇がある生活。

競艇を中心に、日々のことをつらつらと。

あなたの夢って、なんですか。

「おおきくなったら、ぱいろっとになるこたです!」

どこかの幼稚園で聞こえてきそうな言葉だ。
見たもの全てが新鮮で、自分もなりたい!と純粋に考えている、そんな子供たち。

時は経ち、そんな夢を語っていた人たちは、
スーツを着て、営業先にペコペコと頭を下げている。
時には怒られ、時には罵られ、自分という存在を疑い、苦しむ。

夢を語っていた過去も忘れて、生きることに必死になる。


だが私はそこに疑問を呈する。
子供の頃と、今と、何が違うんだろう。
人が変わったわけでもなく、環境だってさほど変化はないはず。

何が違うんだろう。

それは、「知ってしまったこと」だろう。

もっと才能のある人がいるから、
自分なんか、自分なんか、自分なんか。

自分には無理だ。

そんなことを思ってしまったから、
夢を語れなくなってしまうのだ。

もちろんいろいろなきっかけがあるだろう。
夢を追い続けて、敗れた経験。
自分よりも優れた人に出会ってしまったこと。
道を外れてしまったこと。

いろいろな要因があるだろう。


だけど気づいてほしい。
夢は、他の人との評価の違いできまるものではないのだ。

全ては自分次第。
自分がそこまで高められるかどうかなのだ。


何かを理由に、諦めることはもちろん簡単だ。
いやむしろ、楽だ。

人間は、気が緩んでいると楽な方向に行ってしまう生き物なのだ。



あんたの夢は、そんなもんだったのか?
純粋に、無色透明な心を持っていたあの頃、
描いていた未来と今を比べてみてほしい。


あんたが戦うのは他人じゃない。
子供の頃の、自分なんだ。